機能指導訓練員について

2021.05.16掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
お役立ち情報


岡山、倉敷エリアにおいて就職、転職活動をされて
いる皆様こんにちは!
岡山介護・看護求人サーチです!

機能指導訓練員は、介護保険法では、通所介護、短期
入所生活介護等に配置が可能な職種の名称です。今日
は、機能指導訓練員についてお話していきたいと思い
ます。


①機能指導訓練員の仕事

機能訓練指導員は、介護保険法によって定められてい
る職種のひとつです。利用者一人ひとりの心身の状態
に合わせて機能訓練をおこない、できる限り自分で身
の回りのことができるように支援していく役割を担っ
ています。

機能訓練指導員の仕事は、まず利用者の生活環境の確
認や身体機能の評価から始まります。利用者本人やそ
の家族の意向も伺いながら、どのような訓練が必要な
のかを判断し、機能訓練計画表を作成します。機能訓
練はこの計画表に沿っておこなわれるのです。また、
機能訓練計画表は3ヶ月ごとに見直すのが決まりごと。
そのため、3ヶ月ごとに経過や状態などを踏まえて機
能訓練計画表を作成します。


②機能指導訓練員の給与
厚生労働省による2020年の調査によると、介護職員
処遇改善加算の取得(届出)をしている事業所で働く
機能訓練指導員の平均基本給は22万、平均年収は
約430万円となっています。


③機能指導訓練員になれる資格
機能指導訓練員として従事するためには、以下のいず
れかの資格が必要です!

 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、正看護師
 あんまマッサージ指圧師、柔道整復師、針きゅう師
 准看護師

これまで機能訓練指導員として認められる資格要件は、
看護師(准看護師含む)・理学療法士・作業療法士・
言語聴覚士・柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師の
6種でした。しかし、機能訓練指導員の人手不足から
その資格要件が緩和され鍼灸師も機能訓練指導員にな
れることとなりました。しかし、これには資格要件以
外の条件があり、鍼灸師以外の機能訓練指導員が在籍
する施設にて半年以上の実務経験が求められています。


今日は、機能指導訓練員についてお話していきました。
是非皆様の就職、転職活動にお役立ていただければ幸
いです。

岡山倉敷における就職、転職活動に関する相談は、
岡山介護・看護求人サーチにご相談ください!