介護職紹介! 夜勤の仕事!

2021.02.28掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
お役立ち情報

岡山、倉敷エリアにおいて介護、看護、リハ、保育に
関する就職、転職、仕事探しをされている方々、こん
にちは!

岡山介護・看護求人サーチです!

岡山・倉敷エリアにおける介護、看護、リハ、保育に
関する就職、転職、仕事探しに関する相談は、おまかせ
ください!

さて、今日のテーマは、「夜勤業務形態について
です。
介護職員として夜勤業務をこなすメリット・デメリット
等についてお話していけたらと思います!


①介護施設での夜勤の形態について

 夜勤業務の形態を大きく別けると8時間夜勤、15時間
 夜勤2つの形態のどちらかの形態をとられている施設
 が多くあります。

 特別養護老人ホーム等では、15時間夜勤を採用して
 いる事業所が比較的多いように思います。

 15時間夜勤のメリットは、夜勤帯において2日分働
 くため、夜勤、夜勤明、休みといったルーティンにな
 ることが多く、自宅等で過ごせる時間帯が多くなりや
 すい傾向にあるということです。
 デメリットとしては、夜間帯での業務時間が長くなる
 ため、体調等の調整が特に注意が必要だったします。

 地域密着型施設等(グループホーム、小規模多機能等)
 では、8時間夜勤を採用している事業所が多いのも特徴
 です。
 8時間夜勤を採用している施設での最大のメリットは、
 夜間の1人態勢になる時間帯が短いということです。
 デメリットとしては、夜勤明の日が休みになることが
 多いことです。

 両方の夜勤形態に共通することは、夜勤業務をすると
 「夜勤手当」がつくことです。夜勤手当は、1回5,000円
 から7000円つくことがあり、月に夜勤手当だけで、週1
 回した場合、20,000円から28,000円収入があるという
 ことです!

 月々の収入が少しでも多くほしいと考えられている方に
 も無資格でも1番最初に収入アップができる手段ともいえ
 ます。


②夜勤形態も多様化している!

 最近、多様な働き方の一環として、1日10時間労働、週3日
 休みの形態をとられている事業所も徐々にではありますが
 みられます。

 週3日休みとなると、更に自宅で過ごす時間が増え、自分
 旅行に行ったり、趣味活動を充実できたり、自分の時間を
 重視される方にもおすすめです!


今回は、夜勤についてお話してきましたが、一番大切なこと
は、自分自身のライフスタイルに合った職場を探すことです。

岡山介護・看護求人サーチでは、あなたにとってベスト
な選択ができるお手伝いをさせていただきます。

岡山・倉敷エリアでの介護・看護・リハ・保育に関する相談は、
岡山介護・看護求人サーチにご相談ください!