介護福祉士 どんな仕事?資格の取り方は?

2020.11.01掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
お役立ち情報


どんな仕事?

高齢化が進むにつれ、寝たきりや認知症の高齢化が
増加し、そうした現状とともに、介護問題も表面化
しています。
介護福祉士は、介護の現場の第一線で活躍していま
す。

介護福祉士は1987年にできた制度で、社会福祉
士・介護福祉士法に基づいた国家資格です。
専門的な知識と技術をいかし、身体的・精神上の障
害によって日常生活を送るのが難しい方の介護をお
ないます。
また、その方本人だけでなく、介護者に対しても介
護に関する指導を行います。
介護福祉士は、「ケアワーカー」と呼ばれることも
あります。

具体的な仕事内容としては、老人ホーム、身体障害
者更生援護施設などの入所型の福祉施設内での介護
、在宅では高齢者・心身障碍者の訪問介護等があり
ます。

介護を必要とする方や自宅で介護をしている家族の
方の悩みや心身の問題は、その方々によって違いが
あります。それぞれのニーズに応じた支援すること
が望まれます。そのために福祉に関する知識の他、
栄養・心理・調理・医学に関する幅広い知識が求め
られます。

資格がなくても介護の仕事はできますが、確かな技
術や福祉に関する専門知識などを修得した介護福祉
士は、介護のスペシャリストとして、今後ますます
需要が高まるでしょう。


どんな職場があるの?
優良老人ホームや養護施設などの入所施設をはじめ
として、老人デイサービスセンターなどの通所型の
事業所、自宅介護を受けるための在宅型サービス事
業所など介護が必要なすべての分野で働く場所があ
ります。


介護福祉士の資格をもっていると、県内及び全国の
どこの場所でも仕事に従事しやすいといえます。
岡山県内における倉敷・津山・瀬戸内・笠岡・浅口
等幅広い求人に対して、専門のキャリアアドバイザ
ーがあなたの就職をサポートします。
是非、仕事・転職・求人に対する相談は、
岡山介護・看護求人サーチまで!