ソーシャルワーカーの仕事解説!

2021.04.04掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
お役立ち情報

ソーシャルワーカーとはどんな職業?

岡山や倉敷エリアにて介護、看護、リハ、保育に関する
就職、転職活動をされている皆さま、こんにちは!

岡山介護・看護求人サーチです!

今回は、ソーシャルワーカーについて紹介していきたい
と思います。
ソーシャルワーカーという職業について詳しくご存知でしょうか?
「介護福祉に関する職業」ということはなんとなく想像
できても、具体的にどんな仕事をする人なのかよく知ら
ないという方も多いかと思います。

今回は、ソーシャルワーカーという職業の
■仕事内容 ■働く場所 ■なるための方法 ■必要な資格
などについてわかりやすく解説していきたいと思います!


ソーシャルワーカーとは

ソーシャルワーカーとは、病気や障害などによって生活に
問題を抱える人の社会福祉支援を行う専門職のことをいい
ます。

社会福祉支援とは、医療や介護・福祉においての相談・援
助・調整といった部分です。

支援が必要な人達をサポートするのはもちろんですが、病
院や学校、施設など彼らの生活に関わる様々な機関や人
々との連携・調
整をするのがソーシャルワーカーの役
です。

一般的には社会福祉士や児童福祉司など社会福祉支援
活動を行う人の総称としてソーシャルワーカー(SW)
といいますが、社会福祉士や精神保健福祉士の国家資格を
持つ者に限定してソーシャルワーカーという場合もありま
す。


ソーシャルワーカーになるには

ソーシャルワーカーになるために必要な資格や要件は、各
職種によって異なります。

ただし、ソーシャルワーカーの多くの職種において、社会
福祉士や精神保健福祉士資格があると有利
になります!


ソーシャルワーカーの多様な働き方

ソーシャルワーカーと一括りにいっても、働く場所や支援
対象者の違いによってその呼び方は異なります。

例えば児童を対象にした相談援助を行う人は児童指導員、
高齢者の相談援助は生活相談員といいますが、これらもソ
ーシャルワーカーの一種です。

主に自治体や福祉施設、病院などが勤務先となり、働き方
は多種多様です。
次に、ソーシャルワーカーの代表的な種類・働き方、なる
ために必要な要件について説明していきます。

◆医療ソーシャルワーカー(MSW)

病院などの医療機関において、患者やその家族が抱える心
理的
・経済的・社会的な悩みや問題に関する相談支援を行
ソーシャルワーカーです。

医師や自治体などと連携しながら業務を進めていきます。

相談支援の内容は多岐に渡ります。
例えば病院の各種手続きのサポートから、退院後の社会復に
関する相談、国や自治体の制度の紹介、心のケアなどです。

多くは医療機関内の相談室に所属していますが、最近では
老人保健施設や在宅介護支援センターなど活躍の場が拡が
っています。

医療ソーシャルワーカー(MSW)になるには

必須資格はなし

  • 社会福祉士資格が推奨される
  • 多くは大学・大学院卒(医療福祉や社会福祉などがある学部)
  • 国公立病院や保健所で働く場合は公務員試験合格が必須

◆精神科ソーシャルワーカー (PSW)

精神科ソーシャルワーカー、精神保健福祉士ともいわれます。

精神障がい者やその家族が抱える精神保健福祉領域におけ
る悩みや問題を解決するための相談援助を行います。

活躍の場は、精神科医療機関や障害福祉サービス事業所の
ほか、福祉行政機関、司法施設、介護施設や地域包括支援
センターなどさまざまです。

社会に参加しながらその人らしく生きられるように利用者
をサポートします。

精神科ソーシャルワーカー(PSW)になるには

  • 精神保健福祉士資格が必須
  • 福祉系大学や養成校で指定科目を履修したうえで、
    精神保健福祉士国家試験に合格すること
  • 複数の受験ルートがあり、社会人から目指すこと
    も可能(中卒、高卒の受験は不可)

◆児童福祉司・児童指導員

児童福祉司・児童指導員は家庭の事情や障害によって
支援が必要な児童
の相談支援や生活指導を行い、必要
に応じて家庭の調査や保護者への指導も行います。

児童福祉司は児童相談所への配置が義務付けられてい
る地方公務員となります。

児童指導員は児童養護施設や障害児入所施設、児童発達
支援センター、放課後等デイサービスなどの児童福祉施
設に配置されます。

いずれも、児童の成長を見守りながら、将来自立し
た生活が送
れるようにサポートすることが主な役割
です。

児童福祉司になるには

  • 児童福祉司任用の資格が必要
  • 大学卒業後に都道府県知事指定の養成機関を卒業
    するか、指定施設での実務経験などが必要
  • 地方公務員試験の合格が必須

児童指導員になるには

  • 大学で教育学部、心理学部、社会学部、社会福祉
    学部を卒業している
  • 教員免許や社会福祉士資格がある
  • 高卒でも、児童福祉施設で2年ないし3年以上の実
    務経験がある

などの条件のいずれかを満たしていること

◆生活相談員・支援相談員

生活相談員・支援相談員は介護が必要な高齢者や
その家族
の相談支援を行います。
生活相談員は特別
養護老人ホームやデイサービス、ショートステイなど
の介護施設にて、支援相談員は老人保健施設にて勤務
します。

利用者の入・退居に関する手続きや、相談・苦情など
の窓口対応、医師やケアマネージャーといった関係各
所との調整が主な業務です。

生活相談員になるには

  • 原則、社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉
    主事任用資格のいずれかが必要(岡山の場合、
    介護福祉士や介護支援専門員でも可能な場合も
    あり)

支援相談員になるには

  • 資格要件なし
  • 社会福祉士、介護福祉士資格があると有利
  • 介護や医療に関する知識が求められる

ソーシャルワーカーに向いている人

ソーシャルワーカーは、他者とのコミュニケーション
が欠かせ
ません。
さまざまな人と関わりながら業務を進めていきます
のでコミュニケーション力がある方が向いて
いる
でしょう。
特に相談者の話をじっくりと傾聴
する力が必要
です。

またソーシャルワーカーには課題を解決するための
的確なアドバイスができる力が求められます。

問題の原因を見極めて解決に導くことができる問題
解決能力
が求められます!


さいごに

ソーシャルワーカーは、生活に不自由や課題を抱え
る人達が社会の中で自分らしく生きられるようにサ
ポートするとても重要な役割を担います。
これから
の社会において、ますます必要な存在となると思わ
れます。

ソーシャルワーカーという職業に興味がある方は、
ぜひ前向きに検討してみてはいかかでしょうか。

今回の紹介が少しでも参考になれば幸いです。

ソーシャルワーカーに関する求人情報は、

岡山介護・看護求人サーチにご相談ください!